タンカ展のお知らせ in 神戸

関西にお住まいの皆さま、関西のチベットファンの皆さま!

うれしいお知らせです。

 

 

 

 

 

チベット生まれのタンカ師(仏画師)ウゲン・ナムゲン師の

タンカ展(仏画展)が4月、神戸六甲で開催されます!

高野山の地で描き始めた観音菩薩像を、開眼するセレモニーも!

 

 

 

 

 

タンカ展 お知らせ
タンカ展 お知らせ

 

 

 

 

 

【展示開催日】 2013年4月20日(土)から28日(日)

 

【開館時間】  11:00~18:00

 

【開場】 六甲シャンティすぽっと

 

 

 

 

 

絵師ウゲン・ナムゲン先生 略歴

チベットに生まれる。11歳よりチベット美術界の大家テンパ・ラプテン師の元、厳しい仏画の修行を積む。98年よりラサにてタンカの制作と弟子の育成に励む。04年来日、大阪在住。(流派)メンリ派。

 

              実績

岐阜県広讃寺の依頼により2mx2mの大作「阿弥陀仏極楽浄土図」を二年の歳月をかけ描き納める。堺市、神戸市(神戸新聞文化センター・三宮KCC)にてタンカ指導を行う。『チベット絵画の技法と素材(佛教大学アジア宗教文化情報研究所刊)』の付録DVD「タンカの制作過程」にてタンカの制作に携わる。

 

 

 

 

 

 

 

観音菩薩像 開眼
観音菩薩像 開眼

 

 

 

 

 

期間中、観音菩薩の開眼セレモニーがあります。

開眼とは仏画や仏像の最終仕上げとして目を点じ、

これによって初めて象が仏性の器となります。

 

 

 

 

 

アーティスト達による一夜限りのコラボレーション

『観音菩薩 開眼のひととき』

 

 

 

 

 

【日時】4月28日(日)18:00~(開場17:30)

 

【セレモニーの参加費】ご予約3,000円 当日 3,500円

 

 

 

 

 

さまざまなアーティストとのコラボが楽しめます!

 

■ウゲン・ナムゲン(タンカ絵師)

 

■片桐功敦(華道家)

 

■Minalu(ダンサー)

 

■奈良裕之(民族楽器奏者)

 

 

 

 

 

お問い合わせ・ご予約は

メール info@thangka-iori.net

電話  080-5321-3795(ヤマダ)

 

 

 

 

 

三宮KCCではウゲン先生が仏画のレッスンをされています。

3/17には無料の見学会も開催されます!

ウゲン先生の教室では、線引から仏画を教えてもらえる本格派。

チベット伝統式の仏画に興味のある方は、この機会にぜひ!

 

 

 

 

 

タンカ展 お知らせ 表面
お知らせのダウンロード無料です!
タンカ展_表面.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 980.4 KB
観音菩薩像 開眼イベント お知らせ
タンカ展_裏面.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.1 MB