完全初心者限定

大阪 初心者向け瞑想教室

Preliminary meditation lesson in Osaka

山奥の尼僧院
山奥の尼僧院

 

 

まったく瞑想をしたことがない方向けのレッスンです。瞑想のレクチャーはやさしく、ゆっくり、わかりやすく。少人数制なのでサロンのようにくつろいています。


伝統的なチベット式瞑想なので安心です。勧誘とうは一切ありませんので安心です。みんな初心者なので、なんでも質問できます。

 

瞑想以外のどんな質問も大歓迎です。電話による無料の質問&相談つき。ちいさな瞑想教室の妹分のようなレッスンです

 

 

 

 今後の予定

12/8 浄化の百音節真言瞑想 

未定 マンダラ供養の瞑想

未定 グル・ヨーガの瞑想 

未定 浄化の九回呼吸法

未定 執着を断ち切るチュウ瞑想入門

未定 死の教えポワ瞑想入門

未定 無常の瞑想

未定 発菩提心の瞑想

未定 三種の真髄マントラ瞑想

未定 帰依の五体投地  

 

 

 

 

 

勧誘等は一切ありません。安心してお申し込みください。お電話でのお申し込みも可能です。携帯電話080-9523-5832までご連絡ください。当日のご予約は080-9523-5832までご連絡ください。

日時

2019年12月8日(日) 開場14:15 開始14:30 終了予定16:30

 (終了が10分前後遅くなることも。時間に余裕を持ってご参加ください)

注:いつもより30分遅い開催になります。

 

  

場所

大阪市城東区中央3-5-45(城東区複合庁舎)

  • 長堀鶴見緑地線・今里筋線「蒲生四丁目駅」1番・7番出口 徒歩約5分 
  • 京阪電鉄 野江駅 徒歩約8分

 城東区民センター 中会議室

 (ちいさな瞑想教室の名義で予約してあります)

 

  

募集人数

15名様

  

  

参加料金

¥3,000円/1人 

(電話サポートの料金込み)

当日現金でお支払いください。 

  

   

内容 浄化の百音節真言瞑想 

 ボン教にはたくさんのマントラが伝承されていますが、そのなかでも一般のボン教徒のあいだで人気があるのが百音節真言マントラです。このマントラには、とても強力な浄化能力が備わっているといわれています。また、十善の教えはさやわかな日常生活を送るための秘訣です。なにが善い行為で、なにが悪い行為かということが、明確に述べられているのです。

  

  

服装 

会場は会議室です。イスに座って瞑想します。清潔な身だしなみと服装でご参加ください。

 

  

持ち物

  • 筆記用具
  • ICレコーダー(録音が必要な方だけ)
  • 数珠(なくても可)
  • 「はじまりと終わりのお祈り」のレジュメ(既にお持ちの方のみ)
    このレジュメは、初回参加のときにお渡しします。もう一度必要な方は、当日お申し出ください。また、すぐ下からダウンロードも可能です。
はじまりと終わりのお祈り.pdf
PDFファイル 280.7 KB

 

 

 

 

電子書籍『光明の入口 カルマを浄化する古代チベットの9瞑想』を前もって読んでいただくと、教室でご紹介する瞑想がよりわかりやすいでしょう。ぜひ、お読みください。

キャンセルの場合】:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

お互いさわやかな気持ちでいられるように、

急きょ欠席される場合には、ご連絡をお願いします。

携帯電話 080-9523-5832(SMS使用可能)

PCメール bonjapanosaka@gmail.com  

キャンセル料などは発生しませんので、ご安心ください。

教室の時間中は携帯の使用は控えさせていただいております。 

:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

  

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

  

 


 

 

勧誘等は一切ありません。安心してお申し込みくださいお電話でのお申し込みも可能です。携帯電話080-9523-5832までご連絡ください。当日のご予約は080-9523-5832までご連絡ください。 

 

  

◆無常の瞑想

すべて、はじまりがあれば必ず終わりがあります。森羅万象は留まることなく移り変ります。ちいさな種は、時とともに大樹へと成長していきます。寒い冬のあとには、かならず暖かい春が訪れます。私たち自身も常に移り変わっています。そしていつか、終末の死を迎えるのです。この事実を理解することで、執着の苦しみがちいさくなります。瞑想がはじめての方に特におすすめです。

 

◆発菩提心の瞑想

ダルマによれば、他人に対する慈悲のを持つことによって、私たち自身に幸せをもたらさるとされています。愛情と慈悲にはどんな違いがあるのでしょうか。そして、目の前に一人ずつ人の顔を思い浮かべながら、慈悲のマントラを唱えていきましょう。すべての生きものに対して等しく、慈愛の心を向けるためのレッスンです。

 

◆帰依の五体投地

 仏法僧の三宝に対する、帰依の気持ちを五体全身で表現するのが「五体投地」。目の前の集会樹には、あらゆるブッダや菩薩が集まり、三つのゾクチェンの系譜が連なります。集会樹に向かって、あなたのすべてを投げ出してみましょう。五体倒地の身体の動きと、そのひとつひとつの意味を学びます。心と言葉と身体の全てを使うチベットらしいレッスン。

 

◆三種の真髄マントラ

 ゾクチェンの経典には、「鏡の上の埃を払わなければ顔を見ることができないように、罪や穢れを払い落さなければありのままの境地の真意が心に現れることはない」と述べられています。心の穢れとはカルマのこと。そのカルマを蓄積しているのは意識の最深部であるアラヤ識です。カルマとアラヤ識を浄化するための瞑想が三種の真髄マントラなのです。

  

◆百音節真言瞑想 

 ボン教にはたくさんのマントラが伝承されていますが、そのなかでも一般のボン教徒のあいだで人気があるのが百音節真言マントラです。このマントラには、とても強力な浄化能力が備わっているといわれています。また、十善の教えはさやわかな日常生活を送るための秘訣です。なにが善い行為で、なにが悪い行為かということが、明確に述べられているのです。

 

◆マンダラ供養の瞑想 

 心を完成させるためには、智慧を獲得するだけでなく、功徳を蓄積していく必要があります。数えきれないほどの功徳を、短時間の間に蓄積できる優れた方法が、マンダラ供養の瞑想です。金属製の法具の上に、お米を用いて宇宙を創成します。そして、宇宙を目の前のブッダに捧げてしまいましょう。

 

◆グル・ヨーガ

 瞑想を始めたばかりのときには、なかなか自分の力だけでは瞑想に集中することができないでしょう。グル・ヨーガの瞑想を実践し、心の穢れを浄化し、ラマ(師範)から加持をいただきましょう。そうすれば瞑想に速やかに入っていけるようになります。いつでもタピリツァの姿を思い浮かべることにより、あなたは苦しみや悲しみから守ってもらえるようになれます。

 

  

◆浄化の九回呼吸法

苦しみや悲しみの原因は「むさぼり」、「怒り」、「おろかさ」の三毒です。特殊な呼吸法により平常心を手に入れましょう。どんな環境下でもリフレッシュできるでしょう。

 

◆執着心を打ち砕くチュウ瞑想入門
執着心はあらゆる苦しみの源です。その執着心の中でも、身体に関する執着心はとても根深いものです。「怒り、むさぼり、おろかさ」といった煩悩三毒は、私たちの身体と結びついています。自分自身の身体を切り刻むことにより、執着心を粉々に砕いてしまいましょう。

 

◆死の教えポワ瞑想入門

ゾクチェン瞑想の優れた修行者にとって、死は心を完成させる大きなチャンスです。もしもあなたが生前十分に瞑想修行に取り組むことができなかった場合は、ポワの教えに頼るのがいいでしょう。「七鏡のポワ」の教えはゆったりと死を迎える準備になるだけでなく、心の本性への導き入れにもなる優れた教えなのです。