私のこと

about me

 

 

氏名 

箱寺 孝彦

 

 

職業 

ゾクチェン修行者、ゾクチェン瞑想の先生、ボン教の経典翻訳者、ちいさな瞑想教室主宰、国立民族学博物館の共同研究員(平成27年~平成31年チベット護符の調査研究)

 

 

 

 

 『ゾクチェン瞑想修行記』100円

 私の20年に及ぶ修行生活を、電子書籍にしました。修行をはじめた理由、ボン教との出会い、チベット僧たちとの生活、瞑想修行の風景、家族との確執、修行による心の変化といったエピソードを、全18章にまとめました。スマホや、タブレット端末があれば、電子書籍を読むことができます。電子書籍の導入方法は、こちらをご覧ください

 

 

経歴 
 
  

  • 1995年3月 
    ネパールの首都カトマンズにあるボン教僧院ティテン・ノルブッツェ僧院で学び始める。
     
      
1995年僧院に到着したばかり
1995年僧院に到着したばかり

 

 

  • 1997年8月 
    90万回の加行を終え、ヨンジン・テンジン・ナムダク・リンポチェよりゾクチェンの伝授が始まる。
     
     
薪運びを終えてお茶の輪の中
薪運びを終えてお茶の輪の中

 

 

  • 1998年2月
    14日間のダークリトリート
     
      
メンリ僧院長の到着を待って
メンリ僧院長の到着を待って

 

 

  • 2006年10月
    49日間のダークリトリート
     
       
大切な友人達とティテン・ノルブッツェ僧院にて
大切な友人達とティテン・ノルブッツェ僧院にて

 

 

 

  • 2007年1月 
    訳書『智恵のエッセンス』出版
     
     
BIG3と・・・
BIG3と・・・

 

 

  • 2008年9月~2009年1月
    100日間のツァルン・トゥンモのリトリート 
     
     
トゥンモ・リトリート満了
トゥンモ・リトリート満了

 

 

  • 2009年1月  
    ポストカード『Pilgrimage to "Heart Drops of Dharmakaya"』出版
               
     
2000年頃
2000年頃

 

 

  • 2009年4月 
    国立民族学博物館の企画展示の協力と通訳
     
     
フランスのリトリートで
フランスのリトリートで

 

 

  • 2009年11月
    ”ちいさな瞑想教室”が始まりました。
     
               
ここに二回私の母も訪れました
ここに二回私の母も訪れました

 

 

  • 2010年2月 
    AGノルブリンカさんでワークショップが始まりました。
     
     
山奥の行場で
山奥の行場で

 

 

 

 

 

現在 ボン教の智恵のエッセンスを伝える活動を始めました。 

 

 

 

 

 

僧院長とエッフェル塔へ
僧院長とエッフェル塔へ

 

 

 

 

 

現在のwork 

  • 「ゾクチェン・シャンシュンニェンギュ」の翻訳 第一部完了
  • 「15章からなるゾクチェン・アティ」の翻訳 祝完了!
     
  • Bonpo Dzogchen Teachingsの翻訳(出版予定)
  • 21世紀のゾクチェン瞑想階梯(オリジナル)

  

 

 

ラマとダークリトリート明けの私
ラマとダークリトリート明けの私
新設された尼僧の行場
新設された尼僧の行場

 

 

 

 

 

 

MIXIアカウント 箱寺孝彦

facebook Takahiko Hakodera(箱寺 孝彦)

PCメール yuntonbon@gmail.com

携帯電話 080-9523-5832