ゾクチェンや瞑想を学ぶ時のお約束

promise to join in class

ラマ・ダンスのレッスン
ラマ・ダンスのレッスン

 

 

 

 

 

 かつてチベットでは、数ある貴重なダルマという仏法の教えの中でも、タントラ密教やゾクチェンのような高度な教えは、そうそう簡単には教えていただけませんでした。広大なインド平原や、標高の高いチベット高原で、瞑想の先生を探し出すことは大変骨の折れることでしたし、よい先生は何人もいらっしゃいません。

 

 

 

 ようやく先生に出会えても、生徒である私たちの心が成熟して、瞑想を学ぶために適した心の準備ができるまでには、何年も何年もかかることは当たり前でした。先生や兄弟弟子(姉妹弟子)と、まるで家族のように一緒に何年も暮らしながら、ようやく瞑想の教えを頂けたのです。

 

 

 

 宝珠のような尊い瞑想を習うためには、いくつか大切なお約束があります。その中でも最も大切なのは、教えの秘密を守ることです。先生から教えた頂いた瞑想について誰構わなく話をしたり、ネット上やブログに書き込んだり、許可も得ずかってに他の人に瞑想を教えることは、もっとも罪深いことなのです。それには理由が三つあります。

 

 

 

 

 

お堂の中
お堂の中

 

 

 

 

 

①自分自身の学びを妨げること

 瞑想を学んでいる間は、まだ理解が十分ではありません。他の人に瞑想の話をしても正しく伝えることは難しいので、質問されても適切に答えることができないはずです。そうすると、学んでいる瞑想を信じる自分の気持ちが揺らいでしまいます。「この間、教えてもらった瞑想は素晴らしいと思っていたのに。。。」。こうして、自分自身の学びを妨げてしまうのです。

 

 

 

②他の人の学びを妨げること

 納得のいく説明をしてもらえないので、あなたの話を聞いていたその人は、瞑想について誤解したままになります。場合によっては、悪意を抱いてしまうことになりかねません。そうして、その人が正しい瞑想を学ぶ機会を奪ってしまうのです。

 

 

 

③ダルマ自体を損なうこと

 タントラ密教やゾクチェンのような高度な瞑想は、荘厳で立派な大僧院の中ではなく、山奥の小さな瞑想小屋で、ひっそりと先生から生徒へと伝えられてきました。教えが途切れる危機と、常に背中あわせなのです。軽はずみな言動によってダルマの評判を損なうと、未来の世代が瞑想を学ぶ機会を奪ってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日では、やさしいチベットの先生はだれにでも、タントラ密教やゾクチェンの教えをくださいます。ですから、私たちチベットの智恵を学ぶ生徒は、より一層教えを守る約束を心に刻むことが大切なのです。ただし、同じようにタントラ密教やゾクチェンの瞑想を学ぶ仲間の間では例外です。お互いに話し合うことは、理解を深めることの手助けになるからです。

 

 

 

 タントラ密教やゾクチェンを学び実践するためには守るべきサマヤ戒もありますが、一番大切なのは、ラマや先生とさわやかな人間関係を保つことです。

 

 

 

 より理解を深めていただくために、レクチャーの内容を録音していただくことが可能になりました。ご自宅で繰り返し録音した内容を聞いてみてください。録音した音源は、他の方に聞かせたり、譲渡しないようにお願いします。

 

 

 

 澄んだ心にダルマは染み透っていきます。

 

 

 

 ご協力をよろしくお願いします。

 

 

 箱寺 孝彦

 

 

 

 

 

ちびっこ僧のランチ
ちびっこ僧のランチ